4月, 2012年

レンタル器材

2012-04-21

レンタル器材

スキューバーダイビングは器材への依存度が非常に高いレジャーです。
自分の器材をお持ちになるのが上達への近道です。しかし、高額なお買い物にもなりますので、もう少し考えたいと言う方には
レンタル器材をご用意しております。まずはスタッフにお尋ね下さい。
 
レンタル器材 料金(税込み)/1日 レンタル器材 料金(税込み)/1日
■レギュレーターセット ¥2,625 ■BCD ¥2,100
■ダイブコンピューター ¥2,100 ■マスク&スノーケル ¥525
■フィン ¥525 ■ブーツ ¥525
■グローブ ¥525 ■メッシュバック ¥525
■ウエットスーツ ¥2,100
上記フルセット価格¥10,500
■ウエイトベルト(鉛込み) ¥525 ■デジタルカメラ
(ハウジング込み)
¥2,625
■水中ライト(電池別) ¥1,050
 
■ご注意!
コース受講やツアー参加以外でのレンタルについては、身分証明書の提示をお願いする場合がありますのでご協力下さい。お申し込みの際に、保証金(¥10,000)を必要とするものもありますので重ねてご協力下さい。

オーバーホール

2012-04-21

オーバーホール

スキューバダイビングは器材への依存度が非常に高いレジャーです。安全で快適なダイビングのためにも、レギュレーターセット&BCDのオーバーホールを定期的に行いましょう!
 
■オーバーホール工賃
パーツ 目安 料金
レギュレーター(1st&2nd) 年に1回または100ダイブ ¥8,400
ファーストステージ(1st)のみ 年に1回または100ダイブ ¥4,725
セカンドステージ(2nd)のみ 年に1回または100ダイブ ¥4,200
オクトパスインフレーター 年に1回または100ダイブ ¥5,250
残圧計スィーベル部分 年に1回または100ダイブ ¥2,100
ダイブコンピューター バッテリーサインが出たら交換 ¥6,300~
メーカー・型によっては多少変動が致します。お問い合わせください。当店以外でのお買い上げ器材は、上記の価格の10%UPになります。
 
■オーバーホールの様子
まずは損傷がないか
(ホース類、ケース、マウスピース)チェック
分解
洗浄
組み立て(保証交換パーツや有料パーツ含む)
動作チェック
作業終了
お客様へお渡し

ダイビング器材

2012-04-21

ダイビング器材

スキューバーダイビングは、器材への依存度が高いレジャーです。オープンウォーターダイバーコースの中でも使い方や選び方、手入れの仕方などを学びます。ここでは、ダイビングをするのに必要な道具をご紹介いたします。
■軽器材
①マスク
②スノーケル
③フィン
④ブーツ
⑤グローブ
⑥ウエットスーツ
※ドライスーツ
■重器材
⑦レギュレーター
⑧オクトパス
⑨ゲージ
⑩ダイブコンピューター
⑪BCD
■その他の器材
 
■軽器材
①マスク ②スノーケル
水中でも陸所と同じようにクリアーな視覚を確保するためのマスクです。
水面に顔をつけたまま呼吸ができ、水面での移動に役立ちます。
③フィン ④ブーツ
フィンを使うことで強力な推進力が発生します。水中で泳ぐのに役立ちます。
ビーチなど歩く時に足の保護になったり、足先の冷えを押さえます。
⑤グローブ ⑥ウエットスーツ
手を守りブーツ同様冷えを押さえます 冷えやケガから体を守るのがウエットスーツです。温水域で使用します。
※ドライスーツ
体が濡れないスーツがドライスーツです。冷水域で使用します。

▲TOPへ
 
■重器材
⑦レギュレーター ⑧オクトパス
タンクの空気を吸う空気源です。陸上と同じように吸うことが出来ます。
予備の空気源です。レギュレーターの故障時や一緒に潜っているバディーの空気源に故障があった時に使います
⑨ゲージ ⑩ダイブコンピューター
タンク内の空気残量を表示する残圧計や深さを表示する深度計やコンパス(方位磁石)等の計器類をコンパクトにまとめたものです。
ダイブコンピューターは水中にあと何分潜っていられるかを計算表示してくれます。安全ダイビングの必需品。
⑪BCD
水面での移動や休憩にBCDに空気を入れることで体力の消耗を防ぎ、水中では浮力調整することで無重力状態をつくりだすために着用します。
▲TOPへ
 
■その他の器材
■メッシュバック ■マスクストラップ
全体にメッシュ素材を使用したバックで、濡れた器材をまとめて入れるのに便利! 髪の毛がストラップに絡みつくのを抑えてくれますマスク脱着がスムーズに行えます。
■水中スレート ■ダイブコンピュータをPCで管理
水中でコミュニケーションをとる時に使用します。 ダイビングログをパソコンに入力できるソフトです。

よくある質問

2012-04-21

よくある質問 Q&A

ダイビングを始める前の不安や疑問もこれですっきり!!自信を持ってダイビングを始めよう~
Q-1 Cカードって何ですか?
正式名称は、Certification Card といいます。これを略してCカードと呼んでいます。つまり認定証の事です。ダイビングに必要な知識、スキルを取得した証です。
Q-2 泳ぐのが苦手ですが、大丈夫ですか?
大丈夫です。水泳が得意である必要はありません。泳げればOKです。泳ぎが苦手な方はコース開始前にインストラクターにご相談下さい。
Q-3 ダイビングに年齢制限はありますか?
10歳から始めることができます。ただし未成年は親権者の同意が必要です。年齢の上限はありません。60歳を過ぎた方でもダイビングを始め、楽しく潜られています。ただし45歳以上の方についてはコース前に診断を受けていただく場合もあります。
Q-4 持病があるのですが、大丈夫でしょうか?
コース前に病歴をうかがい、それによって医師の判断を仰いでいただく場合もありますので、まずはスタッフまでご相談下さい。一般的に、狭心症や心筋梗塞など循環器系の方は避けた方がいいでしょう。また、喘息の発作のある方、貧血や高血圧の方もご相談下さい。
Q-5 視力が悪く、コンタクトしてるのですが大丈夫ですか?
避けた方がいいでしょう。水中でマスクを外すことがあります。その際にコンタクトが外れたり、流されたりすることがありますので避けた方がいいでしょう。コンタクトを使用されている方は、度付きマスクをおすすめします。近眼だけでなく、老眼や乱視の方にも対応できます。
Q-6 生理中や妊娠中でもダイビングできますか?
生理中のダイビングについては問題ありませんが、生理痛がひどい時は避けた方がいいでしょう。妊娠中のダイビングは、ご遠慮下さい。ダイビングと母体や胎児の因果関係は研究中の段階です。流産などの報告も数件ですが報告されています。
Q-7 講習についていけるか不安です?
大丈夫です。ひとつひとつの知識やスキルの習得を確実に積み重ねていきます。わからないことをそのままにしないで、じっくりと学べるコースです。不安なことは、すぐにスタッフまでおたずね下さい。安心してコースに参加下さい。
Q-8 器材は買わないといけないですか?
器材の押し売りはいたしません。レンタル器材もご用意していますので、どちらかお選び下さい。しかし、ダイビングはその性質上、器材に多くを依存するレジャーです。そのため、自分にぴったりあった器材を使うことが、スキルの上達やストレスなく潜ることができる大きなメリットがあります。当店では、器材の割引販売も行っていますので、スタッフまでおたずね下さい。

テクニカルダイビング

2012-04-21

テクニカルダイビング

■ナイトロックスコース■アドバンスドナイトロックスコース

■デコンプレッションプロシージャー(減圧手順)コース

■アドバンスドナイトロックス&デコンのCOMBコース

■エキステンドレンジコース
 
■はじめに
どんなベーシックオープンウォーターのコースであっても、ダイバーが守らなくてはならない深度や時間の制限を教わるはずです。さらにダイブテーブル、水面休息時間、DCS最大安全深度無減圧潜水など、その他様々な制限事項について学んでいるでしょう。TDIインストラクターは、スクーバダイバーであるあなたに、このような制限を軽減し新しいダイビングの世界を体験するアプローチの方法と、安全を手に入れる方法を伝えることが出来ます。

TDIのコースは、あなたがオープンウォーターコースで既に学んだ内容の延長線上として学べるようにまとめられており、スムーズな学習、体得が可能です。

ナイトロックスコースでは、エンリッチドエアーナイトロックスをどのように使うのかを学びます。

TDIプログラムでは、理解しやすいマニュアルを使用すると同時に、ハイレベルなトレーニングを受けたTDIインストラクターが一貫した高度な技術指導をしていきます。

すべてのTDIコースは内容豊富で解りやすく、また楽しく学べるようになっています。

アメリカではすでに多くのダイバーがテクニカルダイブトレーニングを受け、これまでの自分のダイビング範囲から抜け出し、新しいダイビングのフィールドを楽しんでいます。
TDI JAPAN ホームページより
■テクニカルダイビングとは??
ダイビング環境や使用器材、使用ガス等が一般のレクリエーショナルダイビングの想定とは多少異なります。
例えば、
*オーバーヘッド環境や水深40mを越える大深度等の難易度の高い環境であったり、*リブリーザーのような特殊な器材を使うダイビングであったり、必要に応じて呼吸ガスに空気とは成分の異なるガスを使う*ミックスガスコースや複数のガスを深度によって使い分ける*マルチガスダイビングであったりします。
■*オーバーヘッド環境
水中洞窟や沈船の内部等、頭上に障害物があり、水中から直接水面に浮上する事が出来ない環境がオーバーヘッド環境です。何かあったら水面に浮上して浮力と呼吸を確保する、というレクリエーショナルダイビングの基本が通じない非常にハイリスクな環境です。
■*リブリーザー
自分の吐いた息に含まれる二酸化炭素を除き、酸素を加えることで、吐息を再利用するシステムを持つ呼吸器材です。通常であれば水中に放出する吐息の大部分が再利用可能なため、少ないガスで効率的に潜ることが可能になります。
■*ミックスガス
深くあるいは、長く潜る為に呼吸ガスをアレンジして潜るダイビングです。呼吸ガスには空気だけに限らず、大深度に潜る場合は酸素とヘリウムをブレンドしたヘリオックスや酸素・窒素・ヘリウムの3種類のガスをブレンドしたトライミックスを使い、減圧用には酸素の割合を高くしたナイトロックスや純酸素等を用意。必要に応じてそれらのガスを切り替えながら潜ります。
▲TOPへ
TDIコース
■ナイトロックスコース
呼吸ガスに占める酸素の割合が21%を超えて40%までの高酸素濃度ガスを一般のレクリエーショナルダイビングで使用する為の知識を学ぶコースです。呼吸ガスに含まれる窒素の割合が通常の空気より低くなるので、減圧症のリスクが減ったり、窒素酔いがなかったり、潜水限界時間の延長や水面休息時間の短縮が可能となります。ただ、窒素が少なくなった分、酸素が多くなっているので酸素中毒の問題も知っておかなくてはなりません。ですので、講習を受けずにナイトロックスガスを気軽に吸ってはならないのです。
海外のリゾートやダイブクルーズなどではナイトロックスガスが広く普及しています。日常的にナイトロックスガスを使う回数が少なくても、普及している海外でのダイビングの機会が多い方には価値ある講習だと思います。
参加条件 オープンウォーターダイバー以上(団体は問いません)18歳以上
講習費 18,000円(マニュアル+ダイブテーブル、申請料込み)ツアー費別途
▲TOPへ
 
■アドバンスドナイトロックスコース (最低4ダイブ)
酸素の割合が21%を越えるナイトロックス~100%酸素までのガスを使い、水深45mまでの深度で最適なガスの選択法、使用法のトレーニングを行います。ダイビングの効率を高めるため、また、減圧症のリスクを低く抑えるため等の目的で酸素の割合の高いガスの利用を考えるダイバーに有効です。
参加条件 アドバンスドオープンウォーターダイバー以上、ナイトロックスコースを修了の方
講習費 35,000円(マニュアル込み)、申請料(4200円)・ツアー費別途
 
■デコンプレッションプロシージャー(減圧手順)コース (最低4ダイブ)
講習では減圧ダイビングの理論、最大水深45mを超えない減圧停止を含む潜水の手順などを学びます。これにより安全停止や、コンピューターが減圧を指示した時など、どのようにすれば安全か、また停止中のトラブルに対する緊急時のテクニックを学べます。さらに、バックアップなどの安全性を高める器材の種類と内容も学ぶことができます。
参加条件 アドバンスドオープンウォーターダイバー以上 18歳以上の方
講習費 35,000円 (マニュアル込み)、申請料(4200円)・ツアー費別途
▲TOPへ
 
■アドバンスナイトロックス&デコンコースのCOMBコース (最低6ダイブ)
参加条件
講習費
68,000円 (マニュアル込み)
申請料(4200円)・ツアー費別途
 
■エキステンドレンジコース (最低6ダイブ)
大深度潜水をマスターするためのコースです。実技ではWタンクを使用して最大水深55mまでのトレーニングを行います。減圧時には高酸素ガスを使用した階段式減圧も含まれ、大深度潜水に対する危険性や必要となる潜水計画などの知識と技術的テクニックを身につけることができます。
参加条件 アドバンスナイトロックス&減圧手順コース修了の方
経験本数最低100本以上(25ダイブ以上が30m以深のログが必要)の方
講習費 78,000円 (マニュアル込み)
申請料(4200円)・ツアー費別途
■エキステンドレンジコース以上も開催しております。詳しくは、お問い合わせ下さい。

スペシャリティー

2012-04-21

スペシャリティーコース

日常生活とはまったく違う海の中を、のんびりとリラックスしながら潜る事、また水中写真を撮ったり、水中
生物を観察したりと楽しみ方はたくさんあります。まだ経験の浅いダイバーの方に楽しく水中で遊んでいた
だけるよう色々な「遊び方」をご紹介いたします。遊びを知れば、一段とダイビングが楽しくなるでしょう。
また、何か目的を持ってダイビングする事で、楽しみも増大するでしょう。
■ボートダイビングスペシャリティー
■ドライスーツスペシャリティー
■フォトスペシャリティー
■器材スペシャリティー(レクチャーのみ)
■ダイヤモンドリーフスペシャリティー
■ナイトロックス
■ディープスペシャリティ
■水中スクータースペシャリティ
■マリンナチュラリストスペシャリティ
■ナイトダイビングスペシャリティ
■ナビゲーションスペシャリティ
 
■ボートダイビングスペシャリティー

ボートで移動するという事は、ビーチダイビングに比べ、器材を背負っての移動が少なく、より魅力的なポイントでダイビングが出来ます。ここでは、ボートダイビングのテクニックやスキルを学び、楽しいダイビングを経験しましょう
コース費用 ¥10,500(教材費・申請料・ツアー費別)
■ドライスーツスペシャリティー
ドライスーツを着る事でシーズンを問わず、ダイビングを楽しめます。体が濡れることなく、タンクの空気をスーツに入れるので保温性も抜群!スーツ内にTシャツやスエットなどを着る事で春先や冬場でも楽々ダイビング!そんなドライスーツの使用法やメンテナンス、スキル向上を目指しましょう
コース費用 ¥10,500(教材費・申請料・ツアー費別)
■フォトスペシャリティー
美しい水中世界や生物などを想い出に残したり、水中世界をお友達に教えてあげたりと、楽しみいっぱい!カメラの基本的な使い方やテクニックを身につける。ダイビングスタイルの幅が広がります
コース費用 ¥10,500(教材費・申請料・ツアー費別)
▲TOPへ
■器材スペシャリティー(レクチャーのみ)
ダイビングは器材への依存度が高いものです。器材の知識やメンテナンス方法を知ることで安心して自分の器材を使えたり、選ぶことが出来きます
コース費用 ¥10,500(教材費・申請料・ツアー費別)
■ダイヤモンドリーフスペシャリティー

浮力コントロールを身につけることで無駄な動きを無くし、エアーの消費も少なくなります。水中写真を撮る時などに役立ちます。水中に枠を作りゲームをしながら、浮力の調整をしスキルを磨き、浮力コントロールを身に着けましょう
コース費用 ¥10,500(教材費・申請料・ツアー費別)
■ナイトロックス(レクチャー&2ダイブ)
普段使用しているタンク中の空気は、酸素21%と窒素約79%との混合ガスです。ナイトロックス(エンリッチド・エアー・ナイトロックス)とは、酸素の割合を32%や36%のように、酸素を多く含んだ高酸素濃度の混合ガスです。
これを使う事で、浅瀬での「無限圧潜水時間」が長くなり減圧症のリスクも抑えてくれます。そして、何よりもダイビング後の疲労感が少ないのが特徴です。
コース費用 ¥18,000(教材費・申請料込み・ツアー費別)
▲TOPへ
■ディープスペシャリティ(レクチャー&4ダイブ)
深くなればなるほど、体には窒素の影響は大です。窒素酔いや減圧症についても学びましょう。しっかりとしたトレーニングを受けて楽しいダイビングを!写真は、和歌山県みなべにある「ショウガセ」のオオカワリギンチャクのお花畑です。
コース費用 ¥21,000(教材費・申請料・ツアー費別)
■マリンナチュラリストスペシャリティ(レクチャー&2ダイブ)
海の生物、サカナの世界を楽しく学ぶコース!
どこに、どんなサカナがいてるのか?
サンゴ礁には?がれ場には?中層には?
そんな海の世界を学ぶコースです。
 
コース費用 ¥15,000(教材費・申請料・ツアー費別)
■ナイトダイビングスペシャリティ(レクチャー&3ダイブ)
夜の海に安全に潜る方法や、ナビゲーション、夜行生成物の観察など・・・
夜の世界を広げるコースです
 
コース費用 ¥15,750(教材費・申請料・ツアー費別)
■ナビゲーションスペシャリティ(レクチャー&3ダイブ)
アドバンスで習うより、もっと詳しく
ナビゲーションをマスターしましょう。
自分は、どこに向かっているのか?、どこにいるのか?
水中マップなどを作成したりして
地形や潜るポイントをより深く楽しめるようになるこーすです。
コース費用 ¥15,750(教材費・申請料・ツアー費別)
▲TOPへ

ステップアップコース

2012-04-21

ステップアップコース

日常生活とはまったく違う海の中を、のんびりとリラックスしながら潜る事、また水中写真を撮ったり、水中
生物を観察したりと楽しみ方はたくさんあります。まだ経験の浅いダイバーの方に楽しく水中で遊んでいた
だけるよう色々な「遊び方」をご紹介いたします。遊びを知れば、一段とダイビングが楽しくなるでしょう。
また、何か目的を持ってダイビングする事で、楽しみも増大するでしょう。
 
■アドバンスドオープンウォーターコース
OWで基本的なダイビングスキルを身につけたあなた、もっともっとダイビングの楽しさを感じてください。色々な遊び方を知り、スキルアップをして、楽しいダイビングライフを送りましょう~このコースでは、4つの必修ダイブと1つのダイブの合計5ダイブを行います。1泊2日もしくは日帰り2日間のコースです。
料金 ¥58,000
含まれるもの 講習料・教材費・海洋実習費・宿泊代・
食事代
含まれないもの 器材レンタル代、申請料(¥10,000)
 
■スペシャリティーコース
写真を撮ったり、魚の観察をしたり、色々体験したい。楽しみ方は色々あります。そんなダイバーのためのスペシャリティーコースです。ダイビングの楽しさの幅が広がります。ぜひチャレンジしてみてください。
 
■レスキューダイバーコース
自分のスキルを磨いて、より楽しいダイビングをしましょう。レスキューダイバーコースでは、自分に起こりえるトラブルの回避やバディのトラブルに対処する方法を学びます。また、普段でも役立つ救命救急CPRと人工呼吸の方法などを学びます。これからのダイビングをより安全に楽しむためのコースです
料金 ¥68,000
含まれるもの 講習料・教材費・海洋実習費・宿泊代・
食事代
含まれないもの 器材レンタル代、申請料(¥4,000)
 
ダイブマスターコース
プロへの第一歩!水中ガイドや講習アシスタントとして海で活躍出来ます。また、ガイド業はもちろんインストラクターになるための登竜門です。ダイビングを職業として考えている方はスタッフまでご相談下さい。

Copyright(c) アクアブルー All Rights Reserved.